支店長

    INTERVIEW

    Ougi Shinsuke

    扇 信介

    海老名支店 支店長

    2008年入社

Profile

平成20年に入社、海老名支店営業3課に配属。4年間営業スタッフとして活躍後、2課課長に昇進。平成29年にはリーダーシップを評価され、営業部部長に昇進。その3ヶ月後には支店長に昇進。

  • – 仕事内容や社内の雰囲気について教えてください

    「明るくて楽しくて風通しがいい」という雰囲気は絶対に大事。

  •  海老名支店で、支店長をしています。仕事内容は毎日違いますが、書類や日報のチェックをしたり、お客様のレビューに返信をしたり、事務的な仕事や様々な面でのマネジメント業務が多いです。時間には厳しいので、夜は遅くても7時半から8時には社員を帰しています。6時半(定時)に終わる日もありますね。
     社内の雰囲気作りにも注力していて、社訓にもある「陽気に・気軽に・景気良く」は常に心掛けてます。他にも、明るくて楽しくて風通しがよくて……という雰囲気は絶対に大事だと思っています。
     あとは「割れ窓理論」という話をするんですけど、これは「窓が割れてるからその街は治安が悪くなる」という理論で。例えば学校とかでも「校舎の窓が割れてるからグレるんだ」と言われていますよね。だから店舗でも、ゴミが落ちてると売り上げが落ちるし、車が汚れてると売り上げが落ちるし、シャツが出てると売り上げが落ちると。「襟を正していろ」と、そういうことは結構言っています。
     部下が困っているときは、相手に合わせた方法で話を聞きます。相手によって、慰めることもあるし、とことん追い込むこともあるし、全く関係ない遊びで気分転換させることもあります。部下のことは子供であり妹弟であると思ってます。絆は強いと思いますよ。本当に仲が良いです。

  • – 仕事を通して大変だったこと、嬉しかったことは?

    立場が変わって置かれる環境も一変。挫けそうにもなった。

  •  課長だった期間が一番辛かったです。僕、営業をやってた頃はとても優秀だったんです。でも管理職になったら、海老名店の中ではよかったんですけど、グループ全体の中では大したことがなかったんですよね。それが一番キツかったです。プライドも傷付いたし、「こんなはずじゃないのに」の繰り返しでした。営業の時に優秀だったからそのままいけると思っていたんですよ。そのままいける自信もあったし。だけど全然違ったんですよね。
     でも今と一緒で、自分の課のメンバーは本当に大事にしていましたし、可愛がっていました。課のメンバー達は「この課が活躍できないのは扇さんのせいじゃない、俺たちのせいだ」みたいに言ってくれたりもして、とにかくまとまってくれてたんですよ。良いチームだったんです。活躍できないなりに、上からも「海老名支店は課長の扇がリーダーシップをとってるよね」っていうのを、評価して頂いてはいましたかね。その課長だった期間が、一番辛くて、でも一番楽しかったかもしれないです。
     嬉しかったことは思い出すとキリが無いです。嬉しかったことばかりです。直近の嬉しかったことは、さっき部下に誕生日プレゼントを貰ったことですかね。写真のついたマウスパッドです。今日の話ですこれは。海老名店のみんなで海に行った時の写真のデータを使ってくれてて、すごく手が込んでます。
     あとは、あるお取引先の業者さんの忘年会に参加させて頂いたときに、そこにHさん(某有名野球選手)が来られてて。うちの社長が、お取引先の社長さんに「こいつHさんのものすごいファンで、ちょっといいかな」とお願いしてくださって、Hさんに抱き締めて頂いたことがあるんです。「いつもありがとう」って言われました。嬉しかったですね。

  • – 朝日土地建物の強みは何だと思いますか?

    コロナ禍でも2割増した、広告宣伝費。

  •  「元気があってスピードのある営業マンが揃っている」というのは営業会社として当たり前だと思います。それ以外で具体的に「強い」というのは、やはり広告宣伝費じゃないでしょうか。これだけ使ってる会社って本当に無いと思います。世間では「コロナで宣伝費もどんどん抑えて抑えて…」というときに、うちは2割増でぶっ込んだっていうのは本当にすごいことですよ。僕はそれが強みだと思いますね。健全な仕事をしてきて、赤字が無いからこそ資金が使えるわけですし。やはり、お金のない企業では社員も安全に働けませんから。
    あとは、例えばそれこそ本格的な東京進出だとか、テレビやラジオでコマーシャル放送をしたりだとか、番組スポンサーになるだとか、今後超えるべき壁はたくさんあると思います。

  • – 現在どんな思いで仕事をしていますか?

    この会社にとって唯一無二の存在になりたい。

  •  「常に見られている」と意識して仕事しています。僕は店長なので、お客様の前に登場することがあまりないんです。だから僕にとっての一番身近な「お客様」は部下だと思うんですよ。常に近くで見られている、だからこそ派手じゃないといけないと思ってます。「自分もああなりたいな」と思わせないといけないなって思っています。
     例えば、忘年会とかそういう行事で、僕はいつも結構大きいことを言うんです。あれは「部下が見てる」ことを意識しているから歌舞いてるんです。人前じゃなかったり、社長が見てなかったら、全然もっとローテンションでやってますね。見られているから期待に応えたくなるんです。「目指したい、こうなりたい」って思ってもらえる風にしてなきゃいけないなと常に思ってますよ。
     前向きな思いで仕事をしていますね。非常に前向きな思いです。もっともっと活躍したいし、この会社にとって唯一無二の存在になりたいと今もいつも思ってます。
     今の目標は、やはり朝日土地建物が地域ナンバーワンだということを全市民に納得していただくことですかね。地域ナンバーワンだという自負は昔からありますし、僕は事実そうだと思っているんですけど、市民全員にそう思っていただきたいんです。例えばですが、お客様が「自分の子供があの会社に入れたら良いな」なんて思うような、そういう「地域で一番素敵な会社」になりたいですかね。知名度があって、頼もしくて、安心できる会社として……。評判が評判を呼んで「入りたい」と思ってもらえるような、うちで不動産を買った方がご自分の家族を紹介するような、世代を超えて愛される会社にしたいです。まずは「地域ナンバーワンといったらあそこだよね」と全ての方に言ってもらうのが目標です。

  • – 入社を希望する方へメッセージをお願いします。

    “稼げます”とかじゃなく「信じて飛び込んでこい」

  • 5年以上付き合ってる仲間みたいなのがいるわけじゃないですか。5年以上経った人間って、みんな「朝日土地建物に入ってよかった」と言うし、それは10年・20年働いているベテラン達も同じことを言ってます。
    だから「稼げますよ」とかのメッセージが月並みなんでしょうけど、一番は「信じて飛び込んでこい」と、「絶対に後悔はさせません」と、僕は言いたいです。

1DAY

schedule

  • 09:00
  • 出社

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 09:10
  • 清掃

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 09:30
  • 朝礼

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 10:00
  • 日報管理

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 10:30
  • マーケティング業務

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 12:00
  • 昼食

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 17:00
  • ミーティング

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 18:00
  • お客様へお電話

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 19:30
  • 終礼

    xxxxxxxxxxxxxxxx

  • 20:00
  • 退社

    xxxxxxxxxxxxxxxx

経験者・未経験者問わず、ご応募をお待ちしております

求人情報をみる